バッチフラワーレメディ 植物のかたちと働き

※画像をクリックすると大きく表示されます

こんな方におすすめ-

●ジュリアン・バーナード著
1920年代にエドワード・バッチ博士が発見した、世にも美しい花の治療薬(レメディー)はなぜ人を癒すのか。
共鳴し合う植物と人間のジェスチャーに注目し、バッチ博士がレメディーを発見していく過程を深く掘り下げた一冊。
本書を通じて、より大きな生命の本質を感じ取り、自らを癒すことの意味を再認識できます。 植物と人間、いのちあるものを愛するすべての人に。

定価:円
価格:3,240 円(税抜き3,000 円)
ショップポイント:30pt

はじめての方でも目的別にエッセンスが選べる入門書です

数量
料金は地域によって異なります。12000円以上はどこでも送料無料。配送方法は基本的にはレターパックプラスとなります。
お気に入り登録
友達にメールですすめる
商品へのお問合せ

商品概要

1920年代、エドワード・バッチ博士(内科医、ホメオパス)は、自らの発見したフラワーレメディーについて、恐れを抱く人に勇気をもたらし、苦悩する人に平安を、弱い人には強さをもたらすと説明しました。
このレメディーの癒す力は、心理面だけにとどまらず、肉体的にも働きかけます。

本書は、フラワーレメディーがなぜそのように働くのかを解き明かします。
著者のこれまでの詳細な観察を通じて、レメディーの植物たちの成長過程に含まれる数多くの要素――ジェスチャー、特質、生態、植物学、習性――を生き生きと感じ取っていただけます。

ユーザー評価

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :

関連商品